読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてのシステムと日記

システムも日記も初めてです。

研修(管理画面作成:PEAR_Pager)

実装したページングをPEAR_Pagerを用いて実装する。


PEAR_Pager

ページング機能のライブラリ


■Pagerの設定

PEAR_Pagerを使用する場合、プログラムの先頭で「Pager.php」を読み込む必要がある。

<?php
    require_once 'Pager.php';
?>

■Pagerクラスのオブジェクト作成

Pagerを利用するためのオブジェクトを作成する。

これにはfactoryメソッドを用いる。

factoryメソッドには様々なオプションがあるが、

これは配列で指定する。

<?php
    $options = array(
        "totalItems" => 全件数
        , "perPage" => 1ページで表示する件数
        , "prevImg" => Prevのリンク名
        , "nextImg" => Nextのリンク名
        , "firstPageText" => TOPのリンク名
        );
    $pager =& Pager::factory($options);
?>

■リンク作成

他のページへのリンクを行う為に、

getLinksメソッドを使用する。※html文字列を取得できる。

取得した値は連想配列となる。

キーを指定することでリンクを付けれる。


キー 内容
first 最初のページへのリンク
last 最後のページへのリンク
back 前のページへのリンク
next 次のページへのリンク
pages 各ページへのリンク一覧
all 全ての要素(順序はfirst/back/pages/next/last)

<?php
    // リンク作成
    $navi = $pager->getLinks();
    echo $navi['back'];
    echo $navi['first'];
    echo $navi['next'];
?>

これで

前へ TOP 次へ

というリンクが出来る。



■現在のページ数取得

Pagerを使うといちいちGETしなくて済む。

<?php
    // 現在のページ数取得
    $currentPageID = $pager->getCurrentPageID();
?>

これで現在のページ数を取得できる。


URLのページIDを不正にいじった場合、

GETを使うとそれぞれの対応処理をしなくてはいけなかったが、

これだとそれをしなくても処理されている。