読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてのシステムと日記

システムも日記も初めてです。

研修(外部ファイルの読み込み)

phpであるファイルのプログラムから、別のファイルのプログラムを読み込む方法。


■外部ファイルに分ける意味
1.設定ファイルなどを公開しないようにするため
  重要な情報を公開ディレクトリに置くのはあまりのも危険すぎる!
2.処理の分散化
  1つのファイルに全ての処理をまとめると、どこに何の処理書いたとか分かりにくく、
  他のプログラムへ生かすことも面倒なことから、効率性、メンテナンス性に欠ける。
  ある程度処理ごとにファイルを分けておくと、
  1つ1つの処理が分かりやすく、他のプログラムでも生かすことが出来る。


phpでは、include() require()

の2つの関数で外部ファイルを読み込める。

ローカルにあるファイルだけではなく、URLでも読み込むことが可能。


■includeとrequireの違い

・include
 外部ファイルでエラーが発生してもその後の処理は続行。

・require
 外部ファイルでエラーが発生したらその後の処理は停止。


今回はinclude()を用いる。


ディレクトリ構成は以下のとおり。

index.phpが入力フォームのファイル。

config.phpが設定ファイルで読み込むファイル。

training/
|-htdocs/
|  |-index.php
|
|-etc/
   |-config.php


MySQLに接続したいのは入力情報の確認を終えた後。

終えた後の部分に以下を記載する。

include("../etc/config.php");


これで設定ファイルの処理、MySQL接続ができる。